【質問】ノルレボとアイピルの違いについて教えてください。

ノルレボとアイピルの違いについて教えてください。

詳しい概要は下記をご覧ください

ピル名 製造元 値段 副作用
ノルレボ 日本製
あすか製薬株式会社
10,000円~12,000円 吐き気・嘔吐
アイピル 海外製
(インドのムンバイに本社ピラマル・ヘルスケア(Piramal Helthcare)という会社が製造)
1,500円~1,900円 吐き気・嘔吐

ノルレボとアイピルの違いについて日本製か海外製の違い

日本製ものだと安心して買うことができますが海外製のものでは日本だと未承認なピルが多いです。

ノルレボは承認済みなので安心して飲める薬ですが

アイピルは未承認なため日本人女性にとっては体に合わない異常がでるといった可能性があります。

また海外のものでは偽物ピルが多く混ざっているので安易に手にれると取り返しのつかないことになる可能性があります。

海外製では違法ルートで入手した密造品が紛れていることもあります。

ノルレボとアイピルの違いについて値段の違い

ノルレボは高い、アイピルはかなり安いですとそれだけの違いですがなぜここまで値段の差があるのか考えてみてください。

やはり安い値段で売られているにはそれなりの理由があります。高品質なものはやっぱり買ってみて満足される方多いです。

ブランドものや衣服に身に着ける場合ならそこまで値段を気にせずに買ってもいいかと思いますが今回は体の中に入れるものなのでやはり安いものには手を出すない方がいいかと思います。

もちろん安いものでも自分合う薬はあるかもしれませんがピルにかんしてはノルレボで買ったほうが後悔はしないかと思います。

海外製の危険性について

日本では医薬品医療機器等法に基づているのでピルの品質・有効性・安全性が確認されていますが個人輸入で海外製のものを入手するとなると製造していく段階で不純物が混ざっていたりピルが破損、副作用が強く感じるといった危険性があります。

アイピルは海外で作られたものなので日本人に合わせて作られたわけではないので飲まないことをおすすめしたいです。

オンライン診療で簡単にノルレボを入手する

緊急避妊薬としてノルレボはかなり優秀ですがなるべく来院して診察したくない方もいるかと思います。

現在、ピルはオンライン診療といったサービスがありスマホやパソコンがあれば自宅から診察をしてピルを届けてくれます。

そのため、かなり時間短縮でピルを入手することができるので近年オンライン診療がとても流行っています。

ピルのオンライン診療で一番人気なクリニックはクリニックフォアというところなので一度オンライン診療を受けてみてもいいかと思います。

 

■クリニックフォアの公式サイトはこちら←